一宮の新築一戸建てにおける傾向とは

一宮市は愛知県にある市町村の一つであります。愛知県は名古屋市を中心として大都市が形成されていますが、その外側にある市の一つです。ちょうど名古屋市から北西にあたるところに位置します。土地については名古屋より安いため、一宮に住宅を購入して名古屋まで通勤している人も少なくありません。どれくらいの時間がかかるかといえば、高速道を使うとおよそ30分、電車を使うと40分ほどかかります。40分であれば通勤をするのにもそれほど難しい時間ではありません。また通学をする場合でも無理な時間ということはできません。では、新築一戸建て住宅を建築する場合は、どれぐらいの家の大きさが標準的なのでしょうか。その傾向について知っておきましょう。まず、土地の値段はどうでしょうか。

新築一戸建て住宅を建てる時にしておきたい土地の値段

土地を購入して住宅を建てる時には、当然お金がかかりますが、建物や値段はどこもそれほど変わりません。中には高級な住宅もありますが、建売住宅であれば、どこも似たようなものになります。土地についてみると坪単価の平均はおよそ28万円です。1平方メートル当たりおよそ8万円になっています。住宅を建てる場合、あるいは住宅を購入する場合、およそ90平方メートルから120平方メートルぐらいの土地が必要になります。仮に100平方メートルとした場合800万円ほどすると考えておけばよいでしょう答える入れるでしょう。この金額は、名古屋市よりもはるかに安いのです。また日本の平均の地価が一坪49万円であることを考えると、安いことが分かるのではないでしょうか。このように、土地の値段を調べることはとても重要です。

建物の値段についてしておきたい

では、新築一戸建て住宅の建物の値段はどのぐらいでしょうか。建物の値段については、安い業者で50万円ぐらいになります。安い業者であれば設備はそれほど大したことはありませんし、最新の設備を使われていないことも多いです。仮に最新の設備を使われていたとしても、安いタイプのものしか使われていないので、今まで一戸建てに住んでいた人からすれば物足りなく感じるかもしれないです。坪単価は、平均的には一坪あたり60万円ぐらいになります。一宮市の一戸建て住宅の建坪面積は30坪ぐらいになりますので1800万円ぐらいは建物だけにかかると考えた方がよいでしょう。そして、造作や外構などにお金を使うことを考えるとそれプラス200万円ぐらいは考えた方がよいです。土地の値段とすると3000万円ぐらいが妥当ではないでしょうか。