一宮で新築一戸建てを建てる時に知っておきたいこと

愛知県の一宮市は、名古屋のベッドタウンとして昔から栄えてきた街です。近年でもその人気は衰え知らずで、市内の各地には多くのハウスメーカーがこぞって新築一戸建ての建設を進めています。市内ではエリアによっても相場は変わりますが、郊外だからといってもそれほど交通の便が悪いわけではなく、広い家をお得な金額で購入できると考えて検討する方も多いようです。市内で言えば、葉栗町や今伊勢町、奥町や萩原町あたりが比較的安い物件が多いと言えるでしょう。その辺の地域でも、市の中心部まではそれほど時間がかかるわけでは無い為、市の真ん中に一宮駅がある立地条件も住みやすい街の特徴の1つであると言えるかもしれません。駅周辺は様々な飲食店が増えており、多くの人で毎日賑わっています。

家族が住みやすい街の特徴とは?

この地域では、今でも新築一戸建てが増え続けていますが、それはやはり住みやすい街の特徴でもあります。この地域はファミリーが住むのに非常に適しているといえます。まず保育園の数が非常に多いのが特徴です。このご時世に待機児童がゼロというのは、市の対応が優れている証拠でもあります。それに加えて、子育て支援センター等のサポート体制も充実しています。子供は中学生まで医療費がタダになり、市が子供を大切にしようとする姿勢がよく表れています。また、小学校や中学校、高校の数も充実していますので、子供たちにとってもありがたい限りでしょう。ファミリーで新築一戸建ての購入を市内で検討する際は、その場所がどの学校連区に該当するかも事前に調べておきましょう。残念ながら、あまり素行が良くないと昔から有名なエリアもあるので注意が必要です。

長年安心して暮らせる条件が揃う町

市内でも郊外となれば市の中心部からは車で20〜30分程度かかりますが、この地域では循環バスが市内をくまなく回っています。そのため、高齢者の方でも安心ですし、郊外に家を購入して暮らす方でも将来高齢者になった時に安心です。また、駅周辺のコインパーキングは値段が安いため、電車で出かける時でも駅周辺に車を駐めておきやすいと言えます。この地域は、非常にバランスのとれた地域であるともいえます。都会的な顔もあれば、のどかな雰囲気の地域もあり、それが車で少し行ったところにあるというのが素晴らしいと言えるでしょう。 市内には至るところに公園も建設されており、子供たちにとっても、また大人にとっても住みやすい場所です。これから物件の購入を検討している方は、ぜひ候補に入れておきたい街です。